福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


ホームQ & A

PRP(前提条件プログラム)とは

PRPとは

PRPとは「Prerequisite Program」の略で、前提条件プログラムと訳されています。食品安全のための「前提」となるべき「条件」を決めよう、ということです。
PRPは、食品安全が起こる可能性を低減させる手順方法ですが、生産活動には直接関連するものではありません(工程の一部ではない)。

PRP
(前提条件プログラム)

食品安全の『前提』となる決まりを作る
(手洗い、消毒、従業員の教育、衛生、害虫管理など)

PRPを定着させる活動の例
 →5S運動:整理・整頓・清潔・清掃・躾
  
             
HACCP12手順 PRPを土台にして、食品安全ハザードを防ぐための12の手順を作る 


PRPの取り組み方の違い

●HACCP

HACCPの認証取得に際しては、前提条件プログラムの項目、内容についての定めはありません。
認証を与えている団体によって、項目が異なります。

●ISO 22000

ISO 22000では、PRPの項目は次の11項目と定められています。
ISO 22000のPRP項目
  • 建物の構造・レイアウト、付随設備
  • 作業スペース、従業員用設備等の施設のレイアウト
  • 空気、水、エネルギー等の供給
  • 廃棄物・排水の排出
  • 工程機器の洗浄、保守、予防メンテナンスに対する適切さ
  • 購入原材料・資材、水・蒸気・空気・氷等の供給、廃棄物・排水等の排出、製品の取り扱いに対する管理
  • 交差汚染防止対策
  • 洗浄・消毒
  • 虫類・動物の管理
  • 人員の衛生
  • その他の必要事項

ただし、具体的に何を行うと言った基準は定められていません。国や地域、業界等により、いくつもの衛生標準が存在します。

既にHACCPを取得したうえでISO 22000を構築する会社は、既存の基準にそのまま適応しているケースが一般的です。(厚生労働省のHACCP等)
HACCPを導入せずにISO 22000を構築する会社は、Codexガイドラインを取り入れることが大半です。
どの基準を利用するかは、各会社が自由に決めることができます。

「Codex」と「厚生労働省HACCP」の違い

たとえば、掃除をするときに「水を流す」方法で掃除をする会社があります。
しかし水は、栄養、温度と並んで、食中毒の原因のひとつになるため、食中毒防止を徹底的に行うなら、水はできるだけない状況にしておくことが望ましいのです。

これについて、『Codex』では「ドライを推奨」「ドライでなければいけない」と、水を使用した掃除についての記述が明確にされています。

しかし、現在、水で掃除をしている会社がいきなりドライ掃除に変えるには、施設の構造そのものを変えなければならないこともあります。そうすると、「前提」の時点でいきなり高いハードルを突きつけられ、ISO 22000どころか最初の一歩も踏み出せないことになります。

一方、『厚生労働省HACCP』の基準は、ここまで厳しいものではなく、「清潔に保つ」という記述のみです。
そもそも厚生労働省HACCPの基準は、「Codex」をベースにし、日本の食品会社の現状を踏まえて、「やや基準を緩くして」作られたものです。

食品安全に万全をはかるなら、Codexの厳しい基準をクリアする方がよいのは言うまでもありませんが、日本の食品会社の多くは、その基準を満たしていないため、このような状態になっています。


●FSSC 22000

FSSC 22000では、PRPの項目はISO 22000と同様ですが、『その他の必要事項』が具体的になっています。
また、実施すべき内容は『PAS220』に従うことになっています。



参考


   ISOに関するQ&A目次へ



ISOを構築するには?