福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


ホームQ & A

PRP(前提条件プログラム)とOPRP(オペレーションPRP)とCCPの違いとは


PRP(前提条件プログラム) 食品安全のための『前提』となる基本的な衛生管理。
OPRP(オペレーションPRP)  PRPよりは厳しく管理。
CCP(重要管理点
:Critical Control Point
食品危害が特に発生しそうな箇所を重点的に管理。


モニタリングの違い

ISO 22000では、各管理手段は、7つの項目によって振り分けるべきとされています(要求事項「7.4.4管理手段の選択と判定」)

このうち重要なのは、モニタリングです。

《モニタリングの有無》

モニタリングが  
必要でない PRP ハザード評価に関係なく「衛生管理として実施する基本的な項目 
必要である OPRP
CCP
 ハザード評価の結果、管理すべき項目として位置づけたもの


許容限界の必要性

次に、オペレーションPRPとCCPの違いについてですが、許容限界を決めて管理すべきかどうかです。

許容限界を 決めて管理しなければいけない CCP
決めなくてもよい OPRP


3つの管理手段の違い

以上に基づいて、それぞれの違いを「手洗いの管理」を例にとってまとめてみます。

前提条件プログラム 特に何も必要ない
オペレーションPRP 手洗いをしているかどうかをチェックする
 ・表に書き込む など
CCP 具体的な管理基準を決めるなどしてしっかり管理する
 ・何秒間手を洗う など



参考 食品安全マネジメントシステムとは



ISOを構築するには?