福岡から日本全国へ ISO・コンサルティング、経営指導、内部監査指導

お電話でのお問合せは 092-433-6154


ホームISOに関するQ&A品質マネジメント8原則

品質マネジメント7原則(旧:8原則)とは


適合性と有効性

ISOで求められるのは、『ISO要求事項にしたがってルールを作る』『それをみんなで守る』『ルールがちゃんと守られているかどうかを監視する』『(守られていなければ)改善する』というPDCAの仕組みです。

ただ、定めたルールがそもそも『意味のないルール』であれば、せっかくISOを構築しても、その効果が実感できないどころか、かえって業務をややこしくしたりすることもあります。

ISOは、『要求事項に適合していればOK』ではありません。
会社にとって、『きちんと効果がある』ことではじめて、ISOを構築・運用できていると言えます。

システムが要求事項に適合している状態のことを、『適合性』といいます。
システムが有効に機能している状態のことを、『有効性』といいます。

単に「ISO要求事項にしたがってルールを決めた状態」は、『適合性』は満たしていることになりますが、必ずしもシステムが会社にとって有効に機能している(役に立っている)とは限りません。


品質マネジメント8原則から7原則へ

●品質マネジメント8原則

そこで、 ISOの『有効性』を満たすために、『品質マネジメント8原則(以降、8原則)』が提唱されました。8原則を組み込んだISOは、単に要求事項に『適合している』だけでなく、ISOシステムが『有効に機能している』ため具体的な効果があり、経営改善に繋がっていきます。

ISO要求事項で「○○すること」とされていることに対し、8原則では「何のために」「どのように」行うといった基本的な『原則』を示しており、マネジメントシステムを構築するための『土台』となるものです。

ISOは、会社の中にシステムを構築することによって、会社の足並みをそろえます。
8原則を取り入れたISOでは、そろった足並みがどこに向かうべきかを示してくれます 。
組織が決めた目的に向かって、会社全体が一丸となって歩いていけるよう、進むべき道を教えてくれるのです。

とはいえ、8原則を組み込んだマネジメントシステムを構築するかどうかは、組織の判断に任されていました。

●品質マネジメント7原則

2015年、ISO 9001及びISO 14001の改訂に伴い、『品質マネジメント8原則』は、『品質マネジメント7原則』となりました。
『土台』としての存在していた『7原則』は、規格要求事項の中に組み込まれて要求事項の内容が7原則そのものに改正され、ISOの『骨組み』のような位置づけになりました。
組織が7原則をあえて意識しなくても、要求事項に従ってシステムを構築していくことで、『7原則に基づいたシステム』が出来上がります。
2015年版は、より構築しやすく、そして効果の出やすいISOになったと言われているのはこのためです。

品質マネジメント7原則 各内容

原則1.顧客重視

原則2.リーダーシップ

原則3.人々の積極的参加 

原則4.プロセスアプローチ

原則5.改善

原則6.客観的事実に基づく意思決定 

原則7.関係性管理



規格要求事項に組み込まれている7原則


ISO 9001:2015、ISO 14001:2015の要求事項には、7原則の各内容が組み込まれています。
ここでは要求事項の流れに沿って、規格に組み込まれている7原則を簡単に紹介します。

顧客のニーズに対応する【1.顧客重視】ために、利害関係者(供給者、労働者)のニーズ【7.関係性管理】を踏まえます。
 →4.2など

これらを経営者が判断して【2リーダーシップ】で取り組みます。
 →5.リーダーシップ

その要求事項をプロセスの中に落とし込み【4.プロセスアプローチ】全員参加の下で【3.人々の積極的参加】システムを運用していきます。
 →4.2、7.2など

システムは正しく運用できているかを評価【6.客観的事実に基づく意思決定】します。
 →9.2パフォーマンス評価など

そして、これらの仕組みを続けていく中で、特に問題がなかったとしても、よりよくすることはできないか考え、システムをアップデート【5.改善】していきます。
 →10.改善




    2015年版のISO 9001・14001の構築のコツなど、ISOについてのQ&Aはこちらへ

    2015年版改訂のポイントについて

8原則についてもっと知りたいなら・・・
マネジメントシステムの原理原則〜品質マネジメント8原則で経営力を高めよう
ISOの土台「品質マネジメント8原則」を徹底解剖し、組織の目指すものを確実に実行するためのシステムづくりの方法について、豊富な事例をベースにまとめた本。

8原則の解釈がわかりやすい!
 8原則が平易な言葉で読み解かれている。

事例が豊富!
 実際の改善例が掲載されているため、自社での経営に役立てやすい。

比較ができる!
 8原則を用いたISOとそうではないISOとの違いが明示してあるので、自社のチェックに役立つ。

  書籍の内容・購入はこちら

著者:三村聡
(有限会社アイムス代表)
発行:日科技連出版社


 −成功するISO:マニュアルの作成方法、規格の解釈など、構築・運用のヒントはコチラ。

 −ISO取得後の運用:取得後の運用にお悩みならコチラ。

ISOの構築・認証取得支援コンサルティング
ISO構築・認証取得、運用支援コンサルティングの進め方、費用、期間などについてはコチラ