ISO 22000:2018基礎研修/オンライン


2018年、ISO 22000が改訂されました。ISO 22000:2018は、「食品安全」という最大の目的に加え、組織の仕組みを整えるという「マネジメントシステム」という側面も、強く打ち出された規格となります。

今回の改定で、『ハザード』だけでなく『リスク』という言葉が要求事項に加えられます。組織として「意図していること」「意図しないこと(リスクや機会)」を管理することが要求され、しっかりと規格の意図を理解し運用することが求められるようになります。
ぜひ、本研修を通じて、ISO 22000:2018を基礎から理解していただきたいと思います。

研修ではこんな内容を取り上げます

  • ISO 22000の基本を押さえる 食品安全マネジメントシステムとは? 組織を取り巻く食品安全についての考え方について、基礎から学んでいただきます。
  • 4章から10章まで各要求事項のポイントを知る おさえるべき点、迷いやすい点はココ! 『運用』を見据えて規格の重要なポイントを理解していただきます。
  • ISO 22000の構築・運用の際に『実際にすべきこと』を理解する 単に規格を解釈するだけでなく、『自社だったらこう取り組む』が具体的にわかるよう、事例を紹介しながら学んでいただきます。

本研修で学んでいただくのは、単なるフォーマットの作り方やISO 22000規格の解釈についてだけではありません。
マネジメントシステムの考え方、前提条件プログラム、ハザード分析、HACCPプランの構築などについて、実際に「食品安全の効果が出る」システム作りを身につけていただきます。


ISO 22000:2018基礎研修の開催について

ISO 22000:2018基礎/オンライン
お申込は締め切らせていただきました 
開催日 2021年11月12日(金)
3時間コース 13:00~16:00(接続 12:30~)
場所 オンラインで開催します。
受講料 6,000円(お一人様:税込み)
講師 三村 聡(有限会社アイムス コンサルタント)

こんにちは。本研修を担当させていただく三村聡です。
ISO 22000は、2005年以来、実に13年ぶりの改訂です。この13年間、世間を騒がせるような食品事故や、グローバル化のさらなる加速、ハード面だけでなくソフト面による食品安全の考え方の変化など、食品会社を取り巻く環境は激変しました。組織は、消費者を守ると同時に、従業員と組織をしっかり守っていくことが、一層求められています。
食品安全マネジメントシステムは、私、三村の専門でもあります。これまで携わった数多く事例もふんだんに用いながら、受講生の皆様が自社ですぐに活用できるよう、ISO 22000規格を基礎から紐解いていく講義を行ってまいります。
【講師略歴】 1999年、福岡市にてISOコンサルタンティング会社「アイムス」設立。ISO9001、ISO14001、ISO22000をはじめ、各種マネジメントシステムのコンサルティングに従事する。専門は農業・食品分野。1969年生まれ、九州大学大学院農学研究科修了。
著書:8ステップで効率的に進めるISO22000構築・運用マニュアル (日刊工業新聞社)、マネジメントシステムの原理原則~品質マネジメント8原則で経営力を高めよう(日科技連出版社)

ISO 22000基礎研修の受講お申込は↓


オンライン公開研修について

会場にお越しいただくまでの旅費、お時間、そして会場や移動中に複数の方と接することによる新型コロナウイルスへの感染へのリスクを考慮し、『オンライン公開研修』を提供させていただいております。

【お申込・ご入金】
  • お申込フォームよりお申込みください。アイムスより参加申込確認書をお送りいたします。(ここまでは従来と同様です)
  • お申込より3営業日以内に弊社より連絡がない場合は、ネット上のトラブルの可能性がありますので、恐れ入りますが、再度ご連絡ください。
  • ご入金については、従来は当日現金でのお支払いも受付けておりましたが、銀行振込でのお支払いをお願いいたします。(お申込後に振込先をご連絡いたします。振込手数料はご負担ください)お振込期限は、研修開催週の前週末までをお願いしております。

【キャンセルについて】
  • キャンセルについては、以下の場合のみ『返金不可』とさせていただきます。
  •  -事前にキャンセルのご連絡をいただけなかった場合
  •  -テキストをお送りした後のキャンセル
  • 主催者側事情による研修の中止の場合は、受講料全額を返金いたします。

【ご準備】
  • 研修は『ZOOM』を利用して行います。
  • お振込み確認後、研修開催日5日~2日前までを目安にログインページをご連絡しますので、接続テストを個人様で実施していただきます。(ご不明な場合はチェックを行いますのでご連絡ください)。
  • テキストや資料等は開催日5日~2日前までを目安にデータにてお送りします。できれば印刷してご準備ください。
  • 原則として、一人一台PCをご用意いただきます。どうしても無理な場合は複数人で1台の機械を使用、またはプロジェクターでスクリーンに映す方法等でも良いですが、グループ演習を含む研修では演習ができないため、推奨いたしません。PCがご用意できない場合はタブレットも利用できますが、限定的なご参加になることもございます。

【研修当日】
  • 開始時間5分前までに指定のパスワードにて接続していただきます。
  • 講義については、画面及び事前にお送りした資料をご覧いただきながら受講いただきます。
  • グループ演習については、講師がグループ分けをしますので、各グループのメンバー同士のみでやり取りしていただきます。途中、疑問点等がありましたら、チャットなどで講師に連絡し、講師が直接そのグループの方とお話ができるようにいたします。
  • 講師のみが話す講義部分と、皆様と双方向でコミュニケーションをとりながら行う演習部分を使い分けながら、講義を行ってまいります。

使用するシステム(ZOOM)の使用について
  • コンサルティングや研修に使用するPCまたはタブレットに、システム(またはアプリ)をダウンロード(無料)していただきます。
  • システムをダウンロードすることなく、直接Web経由で参加することも可能です。ただし、Web経由場合、参加者からの画面共有ができないなど、一定の制限がございます(双方向のコミュニケーションが必要なヒアリングや演習を含む研修等ではなく、講義のみの研修等では支障はございません。)
  • 可能であれば、Wi-Fiではなく有線での接続をおすすめします。
  • マイクつきイヤフォン(ヘッドセット)等もご準備ください。PCのスピーカー、マイクは周囲の音を拾ったり聞き取りにくいため推奨しません 。
  • 受講場所は、可能であれば会社の会議室等、周囲に人がいない環境をお勧めします。やむを得ず、会社のデスクやご家族のいらっしゃるご自宅等で受講される場合は、極力声を出していただかず、チャット等でのやり取りも可能です。
  • 当日は、弊社がお知らせしたパスワードにてログインしていただきます。セキュリティーを考慮し、パスワードは1回のみの使い捨てのものを使用します。