食品安全ハザード分析研修(ISO 22000・FSSC 22000・HACCP) 


食の安全を守るための前段階として、ISO 22000、FSSC 22000、HACCPでは、以下のような『ハザード分析』を行います。



しかし、
『どこまで、どんな基準で行えばいいのかが、わかりにくい』
『想定されるハザードが多すぎて分析が大変』

など、最も悩むポイントでもあります。
ハザード分析によって、食品安全のためのシステムづくりは大きく変わります。

●講義の進め方
本研修では、食品安全の要となる『ハザード分析』を確実に行える方法を学んでいただきます。
しかし、研修を受けて納得しても、自社に持ち帰ったとき、何をすればよいのかわからなくなる――
そんな声を反映し、受講者の皆さまの『考える力』を養うことを主眼に置いたAL(アクティブ・ラーニング)研修を行います。実際の現場でどのように食品安全ハザードについて考え、分析、評価を行っていくのかについて、ワークショップを中心とした講義を行うことによって、確実に身につけていただきます。

『アクティブ・ラーニング』とは、単に講師が一方的に講義を進めるだけでなく、受講生の皆さまが『話す・作業する』といった行動により講義に参加することで、講義内容をより深く身につけていただけるための手法です。

●主なプログラム内容
・ハザードとは
・ハザードの明確化
・ハザードの評価・見直し
・管理レベルの分類
・HACCPプラン

このような方にお勧めします

  • 食品関連企業で、食品安全のためのシステムを強化したいとお考えのご担当者さま
  • ISO 22000、FSSC 22000、HACCPの構築を検討している。あるいは構築したが、運用がうまくいっていないとお悩みの食品会社のご担当者さま
  • 対米輸出を視野に入れたハザード分析手法を知りたいとお考えのご担当者様
  • HACCP法制化に対応して、ハザード分析手法を学びたい方


食品安全ハザード分析研修の開催について

食品安全ハザード分析研修/東京
開催日 2020年3月10日(火) 9:30~16:30 (受付 9:10~)
場所 CIVI研修センター 秋葉原
〒東京都千代田区神田須田町1-5-10 相鉄万世橋ビル
 地図はこちら
受講料 9,000円(お一人様:税込み)
講師 三村 聡(有限会社アイムス コンサルタント)

こんにちは。本研修を担当させていただく三村聡です。今回は、ハザード分析研修の初の東京開催です。
HACCPの法制化、ISO 22000の改訂等、2020年は組織にとって様々なことへの対応が迫られています。食品安全対策として何をすべきなのか、微妙な判断を行わなくてはならない場面も多々あるでしょう。ハザード分析を効率よく行うための力量を、ぜひ本研修で身につけてください。三村がこれまで携わった多くの事例もふんだんに用いながら、受講生の皆様が自社ですぐに活用できるよう、ハザード分析を効率的、効果的に行える方法を伝授いたします。
【講師略歴】 1999年、福岡市にてISOコンサルタンティング会社「アイムス」設立。ISO9001、ISO14001、ISO22000をはじめ、各種マネジメントシステムのコンサルティングに従事する。専門は農業・食品分野。1969年生まれ、九州大学大学院農学研究科修了。
著書:8ステップで効率的に進めるISO22000構築・運用マニュアル (日刊工業新聞社)、マネジメントシステムの原理原則~品質マネジメント8原則で経営力を高めよう(日科技連出版社)

食品安全ハザード分析研修の受講お申込は↓

食品安全ハザード分析研修を受講された皆さまの感想より

PRP、OPRP、CCPと普段より使用してきたポイントも業種、会社によってさまざまであることが理解できた。現状あるポイントも考え方次第であることが理解できた。(福岡・砂糖製造会社様)

実際の流れをやってみて、今ある少ない知識がつながり、理解できた部分もあり、もう少し早い段階で受講すればと思いました。世界と日本の基準の違いも含め、教えていただけたことも良かったです。(福岡・明太子製造会社様)

わかりやすく、また自分で考えながらのセミナーでしたので、自分たちに当てはめて考えることができました。非常にわかりやすかったです。(鹿児島・食肉加工会社様)

現在、GAPを取組中での受講でした。私自身、まだ資導員として経験が少なかったので、今日のセミナーはとっても有意義でした。(熊本・運送会社様)


これまで受講された方の業種等
乳製品製造、包装用フィルム製造、包装資材製造、印刷、外食チェーン事業、パン・軽食製造、健康食品の製造、洗浄剤・消毒剤の開発・製造、コーヒー加工・販売、甘味料製造、米穀製品取扱商社、冷凍食品製造、胡麻油製造、飲料・食品加工、魚類養殖・水産加工、米穀製造、酒類製造、包装容器製造、ビール製造 他)

食品安全ハザード分析研修の受講お申込は↓