FSSC 22000とは


FSSC 22000とは

FSSC 22000とは、食品安全マネジメントシステムの1つです(Food Safety System Certification)。
オランダのFFSC(The Foundation of Food Safety Certification:食品安全認証団体)が、ISO 22000とISO/TS 22002シリーズ(旧:PAS 220)を組み合わせて開発した規格です。
世界規模で食品安全対策に取り組むため、世界中の全分野に普及させることを重要な目的としており、フードサプライチェーンの中に存在する多くの食品安全規格を網羅しています。

FSSC 22000は『GFSI』の認証スキームGFSI(Global Food Safety Initiative)とは、イオン、コカコーラ、ウォルマート、英テスコ、仏ダノン等、世界の流通・食品大手約 650社が加入する組織(CGP:Consumer Goods Forumが策定)のこと。
GFSIでは、自社の取引先のレベルを一定以上であることを確実にすることを目指し、認証スキーム規格の取得を求めています。FSSC 22000は、GFSIが取引先に認証を求めている規格(認証スキーム規格)の1つです。


FSSC 22000の構造

FSSC 22000の取り組み方は、ISO 22000とほぼ同じです。

 PRP(前提条件プログラム)を定め
        ↓
 危害分析を行って、管理すべき点を明確にし
        ↓
 HACCPプラン等により管理する

ISO 22000との違いは、FSSC 22000の方が、すべき項目がより具体化されている、ということ。
特にPRPの内容については、ISO 22000では、各社が自由に前提条件プログラムを選ぶことができますが、FSSC 22000ではISO 22002シリーズを採用することが定められています。

また、いくつかの事項が追加され、ISO 22000ではカバーできなかった食品安全対策(フード・テロ、原材料やアレルギー物質の管理など)や「サービスに関する仕様」「表示」等について定められていることも、特徴のひとつです。



ISO/TS 22002シリーズ(FSSC 22000)とは

FSSC 22000では、セクター毎のPRPを構築することが求められています。PRPはISO/TS 22002シリーズ(旧 PASシリーズ)を利用します。ISO 22002シリーズは、製造プロセス上の食品安全ハザードの制御を支援し、PRPの要求事項を具現化するために設定されています。ISO 22000における7.2.3(PRPの項)は11項目で構成されていますが、ISO 22002シリーズでは15項目になっており、いくつかの内容が補完、追加されています。

『ISO22002-1』要求事項
フードセーフティについての要求事項
4. 建屋の構造及びレイアウト
5. 建物及び作業場のレイアウト
6. ユーティリティー(空気、水、エネルギー)
7. 廃棄物処理
8. 装置の適切性、清掃・洗浄およびメンテナンス
9. 購入した資材の管理
10. 交差汚染の予防対策
11 .清掃・洗浄及び殺菌・消毒
12. 有害生物の防除
13. 要員の衛生及び従業員用施設
14. 再加工
15. 製品のリコール手順
16. 倉庫保管
フードフロード(食品偽装)についての要求事項
17. 製品情報/消費者意識
フードディフェンス(食品防御)についての要求事項
18. フードディフェンス、バイオビジランス、バイオテロ

※4~13はISO 22000 7.2.3の要求事項が具体化されている。14~18は ISO 22002シリーズで追加された項目。ISO 22000 7.2.3では「K)その他」に含まれている。
-----
●14.再加工、15.製品のリコール手順
14、15は、ISO 22000の「7.10 修正、安全でない製品の取り扱い、製品回収」の内容を補完する要求事項。ただし、ニュアンスが若干異なります。
「7.10」では、「組織はCCPの許容限界を逸脱した場合、またはオペレーションPRPを逸脱した場合」と記載されています。これを解釈すると、CCPやPRPなど特別な箇所を逸脱した場合、と読み取れます。ただし実際は、特別な箇所だけでなく不具合があれば製品回収するのが普通です。あらゆる状況における再加工やリコールについて対処しよう、といったことが、14及び15で求められています。
ISO 22000の「7.10」は、もともと、ISO 9001の「8.7」に該当するものが、「7.10.1」「7.10.3」「7.10.4」に分割されたものであり、かつ、取り組むべき事象が限定された内容になっています。そこで、ISO 22002シリーズでは、ISO 9001の「8.7」に近づけるべく、取組の範囲を全般的なものに広げています。

●16.倉庫保管
ISO 22000の「7.2.3 f)」の内容が分割した要求事項。ただし、輸送車両の点検などが追加されています。

●17.製品情報/消費者意識
ISO 22002で新たに追加された、食品偽装に関する要求事項。消費者に正しい情報を提供するための仕組みを構築することが求められます。
内容としては、ISO 9001における「顧客とのコミュニケーション」に当たり、ISOとしては目新しいものではありません。 ただ、産地偽造や規格偽造が相次ぐなか、食品安全の観点からもラベル等の表示の適切性が求められるようになったと言えるでしょう。

●18.フードディフェンス、バイオビジランス、バイオテロ
ISO 22002で新たに追加された、フードディフェンス(食品防御)、つまり、製品を外部からの(意図的な)攻撃から守るための要求事項。
ISO 22000等においては、食の安全を「守る」と言葉として「フードセーフティ」という用語が使われていました。しかし、ISO 22002-1では、自社で気をつけているにもかかわらず、外部からの悪質な攻撃(倉庫に忍び込まれて製品に有害物質を混入させられた など)にあうことを想定して、このような項目が追加されています。

その他の追加要求事項として、具体的なリスク評価(17.偽装脆弱性評価、18.脅威評価)を行うことが求められています。

ISO 22002の種類

ISO 22002シリーズは、業種によっていくつかの種類があり、ISO 22000規格要求事項(7.2.3)を満たすためガイドラインとして使用することができます。
ISO 22002の種類
食品製造・加工業 ISO 22002-1(認証スタート済)
小売・卸、ケータリング、外食 ISO 22002-2
飼料 ISO 22002-3
容器包装 ISO 22000-4(認証スタート済)
輸送・物流・サービス 検討中



食品安全マネジメントシステムとは