『リスク及び機会』について(6.1)


リスク及び機会の考え方

6.1.1
品質マネジメントシステムの計画を策定するとき、組織は、4.1(組織とその状況の理解)に規定する課題、及び4.2(利害関係者のニーズや期待の理解)に規定する要求事項を考慮し、次の事項のために取り組む必要があるリスク及び機会を決定しなければならない。


ISOは、ルールを作って(Plan)、ルールどおりに実施し(Do)、ルールが守られているかどうかをチェックし(Check)、ルールをさらによいものへと改善させて(Action)いく(『PDCA』を回す)ことによって、組織の運営をよくしていくものです。

しかし、何らかの内的、外的事情により、計画した通りにPDCAを回せない状況に陥ったら…
ということを事前に考えて対処するのが、リスク及び機会への対応です。


リスクとはあるべき姿に対する不確かさ

リスクとは、組織のあるべき姿(目指している方向)に対する不確かさのことです。
あるべき姿を達成できない場合、「望ましくない方向」に行くということになります。

「望ましくない方向」には、想定していたあるべき姿よりも「うまくいかない」場合と「うまくいく」場合の両方が含まれます。うまくいかない場合は組織にとって危険な状態をもたらし、うまくいく場合は組織にとってのチャンス(機会)となります。

危険な状態を避けるために備えておくのはもちろん、うまくいった場合を想定して何らかの準備をしておくことも、リスクへの対応として欠かせません。せっかく機会を得たとしても、それに対する対応次第ではむしろ会社を危険な状態へと導くことになりかねないからです。

【リスクの例】
・製品の欠陥、社員が辞めるといった内部のリスク
・取引先の倒産や供給先の不祥事などが生じるといった外部のリスク
・災害や景気の浮き沈みなどの社会のリスク

【機会の例】
・注文が増える
・新たな販路を開拓する
・新たなパートナーシップを構築する

リスクも機会も、組織にとっては「あるべき姿を達成できない」という点では同じです。そして、時代が移り変わり社会が変化していく中において、誰もそれから逃れることはできないという現実もあります。

組織がすべきことはまず「リスクがある」ことを理解することです。
そして、それらリスクに備えて準備をすることが必要です。

●組織にとって「あるべき姿」を明確に

リスクを想定するにはまず、「組織にとって何がリスクか」を考えることです。
リスクとは「あるべき姿を達成できないこと」ですので、そもそも「あるべき姿」とは何かを明確にします。

例えば
・社員の健康を守る
・顧客に食品を通じて笑顔を届ける
といったことを「あるべき姿」として設定します。

●「あるべき姿」を達成できない事態に備える

そこへ何らかの「あるべき姿を達成できない事象」が生じ、それによって組織は「望ましくない状態」になるのであれば、それが「リスク」または「機会」です。

例えば、自然災害や公衆衛生上の緊急事態の発生、従業員の退職、取引国の情勢不安による原料の不足等、様々な事象が考えられます。
また、現在の従業員の平均年齢が45歳だとしたら、20年後には誰もいなくなる、というのも起こりうる事象として考えられます。もちろん20年の間に新しいスタッフが入ったりするでしょうが、雇用の状況は変化しているかもしれません。

組織があるべき姿を保つことができないのはどのような状況か(リスク)
あるべき姿に戻すためにはどのような準備を行っておけばよいのか(対策)

を明確にしておくことが、リスク及び機会への対応です。


>> プロセスアプローチについて