ISOのPDCAと規格要求事項


ISOのPDCA

ISOとは、ルールを作って(Plan)、ルールどおりに実施し(Do)、ルールが守られているかどうかをチェックし(Check)、ルールをさらによいものへと改善させる(Action)という、『PDCA』を回していく仕組みを作ることです。
これが、ISOシステムを構築している状態となります。

ルールがなければ、まずはそれを定めます。
ルールが定まれば、ルールを守ります。

なぜルールを守ることが必要なのか。
例えば、トラブルが生じた場合、その原因を『誰かのせい』や『たまたま』だとすれば、再度同じようなトラブルが発生し、いつまでも原因究明ができないことがあります。トラブルの原因を人ではなく『ルール』だと考えることで、組織の様々な問題は解決していきます。
これがISOの考え方です。

まずは『P』『D』『C』を徹底させ、会社のシステムを作っていきましょう。

ルールがあったとしても、ルールどおりにやらなくてもうまくいくからと、ルールが守られていない会社もあります。その場合は「うまくいくルール」にルール事態を変更し、それを皆が守るという方向にしていきます。
そしてさらに、ルールどおり行うことで不都合がないか、もっとよいルールはないかを継続的に確認し、改善させていきます。


ISOマネジメントシステム規格の種類

ISOでは、PDCAに沿った全10章の規格要求によって、継続的に改善を出来る仕組みになっています。以下、規格の構成とPDCAと規格要求事項の関係について解説します。

1.適用範囲
2.引用規格
3.定義



4.組織の状況
組織の『こうありたいと思う形(あるべき姿)』について明確にし、組織を取り巻く様々な状況(外部・内部からの課題、利害関係者からのニーズや期待)をまとめます。それらを考慮したうえで、ISOに取り組む範囲(適用範囲)を決めます。

5.リーダーシップ
ISOでは、トップマネジメント(経営層)が強くかかわり、説明責任を持つことが求められます。トップマネジメントは、組織の目的である『顧客重視』について『品質方針』で表明します。また、組織図や業務分掌を整えて、各役割の責任や権限を明確にします。

6.計画
組織のあるべき姿を目指し、プロセスアプローチを整えても、未来永劫それが達成できることはありえません。組織が『予期しない状況』について『リスク』あるいは『機会』と捉え、どのような機会やリスクがあるか、予期しない状況が生じたとき組織はどのように対処すべきかについて計画していきます。

7.支援
「6.計画」を実施するために必要なことをまとめた章です。「コミュニケーション」「必要な資源の提供」「自覚教育」「技能教育」「文書管理」などについて記載されています。



8.運用
実際に組織の各部署や各担当でシステムを運用できるように、具体的な計画や手順を整えていきます。
「6.計画」の実行、リスク管理の実行、緊急事態対応の決定などを行うため項目が記載されている章です。



9.パフォーマンス評価
「6.計画」が実行されているか、効果は出ているかどうかをレビューするため、内部監査等によって評価を行います。それらの結果をトップマネジメントに報告し、トップマネジメントは改善方向を指示して、見直しを行います。



10.改善
「9.パフォーマンス評価」で、「6.計画」がきちんと実行されていない場合、あるいは実行されていたとしてもよりよい方法があるか考えて、継続的に改善を行います。ミスやトラブルといった不適合に限らず、時代の流れや組織を取り巻く様々な状況の変化に合わせ、システムを絶えずアップデートしていく仕組みを作り、マネジメントシステムを最適化していきます。


【PDCAとISO規格の関係】



ISOの改訂 2015年に、ISO 9001及び14001は改訂されました。
品質マネジメントシステム(ISO 9001)という考え方をさらに広げ、環境や労働安全などすべてのマネジメントシステムを共通の仕組みにまとめていくという発想に基づき、各規格との互換性も強化されています。

ISOの各規格の構成についても、かつてはバラつきがありましたが、現在は共通化されています。

また、従来の規格要求事項は、製造業を中心としたもの(プロセスの妥当性確認、設計開発など)となっており、解釈等もバラバラになっている傾向がありましたが、現在はサービス業など、どの業種でも利用しやすい構成となっています。。


> ISOの意味、規格の種類、規格の解釈についてはこちらへ

> ISO認証取得の詳しい手順等はこちらへ



ISOをもっと知るために